読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

less is more

シンプルな暮らし@仙台

自分の持ち物や環境について記録をつけることの意味

f:id:bonobo1103:20161005232235j:plain

 

bonoboです。本日で転勤7日目。ようやく生活が整ってきた感があります。(昨夜は疲れすぎていてよくわからない散文をアップしてしまっていたので書き直しましたw )食器洗ったり卸したてのタオル一回洗濯して干したり。家のことをする時間が全く持てなかったので、本当にようやくという感じです。

 
あらためて写真に撮ったりして見ると、食器類を意外と多く所持していたんだなぁと思いました。割ることがないので、捨てない限りなくならないんですよね。まぁ、紙皿使うよかエコだし効率がいいので、いまのところは一揃え置いておいても害はないかなと。

f:id:bonobo1103:20161005232210j:plain

 

関係ないけど、洗い物をするときって無心になっているので、瞑想効果があって癒やされるなぁと感じました。これはbonoboにとって家事全般にいえることですが。

「家のことをする」って、慣れた動作だからこそ、定期的にやることで、都度、仕事モードから完全開放されて、気持ちがリフレッシュします(専業にされている方はきっと大変なんだと思いますが…まぁ、そこは単身者の戯言ということでご容赦いただきたい)

 

あと、持ち物を管理する上では、ブログでもなんでも、自分の生活について記録をするのは、自分の周辺環境を意識することになるので、自ずと(物質的にも精神的にも)何が必要でそうではないかが「見える化」できるメリットがあってよいのかなーなんてことを考えました(今回の場合で言うと食器について「なぜ私はこれを持っているのだろう、そしてなぜ捨てずに持っているのだろう」の「Why」の部分が整頓できまして)

なので、私はシンプリストですけど、ミニマリストを目指している人がブログなどで「今日はこれを捨てた」「今こういう環境になった」「もっとこうしたい」といったことを書くのは、環境整理の一貫として合理的なんだなぁと思います。

 

とどのつまり、仕事でも何でも「見える化」することで行き方や思考がスムーズになるね、と。

 

f:id:bonobo1103:20161005232536j:plain

 

週末はベッドリネン一式を丸ごと洗おうー。

晴れるといいなぁ。